« ギャラリー窓2010 web展 夏の恵み・・・玉村廣子(日本画) | トップページ | ギャラリー窓2010web展 谷口家の囲炉裏 »

ギャラリー窓2010web展 ヤマアラシのジレンマ'10・・・加藤志津子(和紙造形)

10madowebkatou
園児が穴をのぞき込んで「これなんの巣?」
「たまご?」「お話ししてる!」

加藤さんがこの場にいたらニンマリするに違いない。
加藤さんの作品を見ていると、遠いどこかで「見たことがあるような」「触れてみたことがあるような」、ハッキリとたぐり出せないが記憶の底に確かにあるような気がする。
ヒョッとするとそれは自分の記憶ではなく、遠い祖先の誰かの体験を受けついでいるのかも知れない。

各地にそれぞれ自慢の和紙はあるようだが、表現の粗原料である紙を使いこなすのは作家それぞれに感性にちがいない。産地越前にあって、そこで制作活動する地の利はあっても、多様な世界にむかって魂の奥底をゆさぶる作品を発信し続けるのは容易ではなかろう。
機会を見つけて、加藤さんの他の作品もぜひ見て下さい。

10madowebkatoub

|

« ギャラリー窓2010 web展 夏の恵み・・・玉村廣子(日本画) | トップページ | ギャラリー窓2010web展 谷口家の囲炉裏 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事